読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEODEAD MUSIC BLOG

音楽を思考する

New Ivory、それはUKからの新たな刺客

New Ivory「Amygdala Circus」★★★★☆


Rockの初期衝動

良いRockを聴くと、ドラムを叩きたくなる。
良いMetalを聴くと、ギターを弾きたくなる。
良いJazzはベースを、そして良いJ-popは自然に歌を唄いたくなる。

New Ivoryを聴いた時、まさにドラムスティックを部屋の中で探す自分がいた。
別に難しいことをやっているわけじゃないのに、このバンドから迸る妙な塊感。
これは一体?

曲調も往年のTeenage Funclubを激しくしたような、例えばThe Posies的なメリハリのある、いわゆるエモコア周辺の流れを汲むサウンドであり、特にこれと言って目新しいことをやっているわけでもない。
暗過ぎず、明る過ぎないウェットな旋律はUK出身らしいところだが、それが極めて印象的、というレベルでもない。

しかし、思わずドラムを叩きたくなるようなこの絶妙な疾走感は、いわゆるRockの初期衝動を強く感じてしまう。
つまり言葉では表現しにくい高揚感みたいなものが凝縮されたアルバムとも言えるだろう。
言葉で上手く言い表せない時点でレビュー失格の烙印を押されてしまうかもしれないが、中身について少しだけ解説しておく。


洗練された未完成のアルバム

まず、PVにもなった1曲目「Something You Should Know」はアルバムの冒頭を飾るにふさわしい曲であり、現時点での彼らの代表曲と言っても過言ではない。
このイントロから斬り込んでくるシングルコイル特有の粒立ち感際立つストラトサウンドは、すぐに合流するベースとドラムのボルテージを効果的に上昇させるものであり、その結果、およそ3人組とは思えない堂々とした佇まいの楽曲となっている。

続く2曲目「Silent Life」は1曲目と同じキーで始まり、これはまるでDJによるMix CDのように綺麗な流れとなっていたのだが、この辺は現代っ子らしい選曲だと思う。
Club MusicとRockの親和性は今に始まったことではないが、それはまた別の機会で話すことにしよう。

5曲目の「Springtime」はノスタルジックな雰囲気さえ漂わせる曲で、彼らの懐の深さを垣間見ることが出来る部分だ。
Two Door Cinema Clubのようなイントロからスタートする7曲目「Hard to Believe」も個人的には注目したい楽曲の1つでもある。
しかしこのあたりからすでにアルバムの前半で聴いたような、似たような曲調が散見されるのも事実として明記しておきたい。

恐らく楽曲のアレンジに多少の問題があると思うのだが、特徴的なVocalの声色も原因の1つではないだろうか。
どちらかというと中性的な声の部類であり、私などは思わずSuedeのBrett Andersonの若かりし頃を彷彿とさせるものだが、サビメロの力不足によってこの声の魅力が半減しているように思えてならない。
確かに疾走感はアルバム終盤まで保たれており、退屈なバラードなどとは無縁の作品である。
しかしながら、似た曲調が多いこととその特徴的な声色のせいでアルバムを通して聴く中でデジャヴを引き起こしかねない事態を招いているのだ。
これはThe Vaccinesの「What Did You Expect」を聴いた時にはあまり感じなかったことである。

欲を言えばもっとバラエティ豊かな内容でも良かったのではないだろうか。
同じ3人組編成のGreen Dayの名盤「Dookie」をお手本にして欲しいとまでは言わないが、前半の勢いが後半にかけて若干失速しているような感触を受けたのは少し残念だった。
また、Manic Street Preachersが登場した時のような、青春パンクの甘酸っぱさみたいな感覚も少し欲しかった気がする。

恐るべしUK

ただ、本作は彼らにとってのデビューアルバムであり、まだまだ未知数の能力を秘めたバンドであることには異論の余地はない。
私も購入してしばらく経つが、未だヘビーローテーションの真っ最中でもある。
1980年代〜90年代におけるバンドブームを経験した世代にとっては、どこか懐かしくも目新しさを感じるサウンドであり、こうしたバンドが今もUKという土地から産まれてくることに正直驚かされた。
これはUKという土地柄、脈々と受け継がれてきたGuitar Rockの歴史を反芻するものであり、この手のジャンルが好きな人にとっては思わず笑みがこぼれてしまう作品と言って間違いないだろう。

残念ながら日本のAmazonでは現時点で音源の取り扱いがないので、iTunesでの購入をお勧めして本記事を終わりたいと思う。
繰り返すが、「Something You Should Know」はUK Rock/Pop Punk好きを刺激する名曲である。
余談だが、この"You Should Know"の"Something"とはつまり、New Ivory自身を指しているのでは?と勝手に憶測する日々である。
そう、これを読んだあなたは、New Ivoryを知らなければならない!?





New Ivory「Amygdala Circus」- iTunes Music Store