読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEODEAD MUSIC BLOG

音楽を思考する

安田レイの復活はJ-Popの復活である

CD Review

Will

安田レイ「Will」★★★★☆

 

元気ロケッツのVocalとしてもお馴染み、安田レイが満を持してソロデビュー。

果たしてその中身は、高品質な楽曲がひしめく純然たるJ-Popアルバムそのものであり、元気ロケッツとは一線を画した内容も好感度抜群である。

当時と比べても、その歌唱力は格段に向上しており、特にバラード系楽曲における潤いと憂いが交錯する歌声は、およそDivaの称号にふさわしいクオリティと言えるだろう。

そもそもが宇多田ヒカルという偉大なDivaの喪失により、日本の音楽界、特にJ-Popの衰退は決定的となり、昨今の音楽不況という厳しい現実がある。

「売れるのはアイドルソングだけ。歌の質なんて二の次。」

そんな時代が来るとはさすがのASKAにも想像出来なかったことだろう。

しかし、このような厳しい環境の中で、安田レイは勝負を仕掛けてきた。

この挑戦者たる意気込み、世間はもっと評価するべきである。

加えて、タイアップを取るのが非常に難しい今の時代において、プロモーションを担当するレーベル側の努力も相当なものだ。

結果的にその熱量、そして熱気が自然とアルバムの原動力にもなっている。

序盤から「Best of my Love」と「Brand New Day」そして「パスコード4854」がリード曲となり、後半では「Regret」「Mirror」「Let It Snow」が花を添え、エンディングでは元気ロケッツ屈指の名曲「Heavenly Star」がお目見えするという素晴らしい構成。

音楽的にも流行りのEDMに寄り過ぎず、しかし離れ過ぎず、往年のZard的J-Popのように、絶妙なバランスを保っているのはプロデューサーの手腕によるものと言っていい。

しかしながら、全体を俯瞰すると決定力不足という側面もあり、この時点で宇多田ヒカルの大名盤「HEART STATION」と比較するのはソロデビュー直後の彼女にとっても酷だろうと思う。

あくまでも宇多田チルドレンによるJ-Popアルバムであり、これがシーンの活性剤となるのは疑問の余地もない。

願わくば、次回作ではさらにバラエティ豊かな内容となることを期待したい。

J-Popは永遠に不滅なのだ。

 


安田レイ 『1stアルバム「Will」全曲ダイジェスト』 - YouTube

 

 

Will

Will

 

 

元気ロケッツ I-Heavenly Star-(DVD付)

元気ロケッツ I-Heavenly Star-(DVD付)