読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEODEAD MUSIC BLOG

音楽を思考する

Coldplayは現代の名匠である

A Head Full of Dreams

Coldplay「A Head Full Of Dreams」★★★★★

 

初期のメランコリックでサイレントなロックに回帰した前作「Ghost Stories」から一転、「Mylo Xyloto」を彷彿とさせるカラフルでポップな仕上がりとなった本作。

相変わらず、楽曲の良さとバンドの演奏力の高さについては文句のつけようがない。

サウンドプロダクションも上々だが、本作はあえて高音域を抑制したようなマスタリングが施されており、恐らくこれはディスコ調の楽曲を最適化させるための戦略だろうと思う。

 

果たして、本作の目玉はやはり「Adventure Of A Lifetime」に尽きるだろう。

まるでMaroon 5Daft Punkを足して2で割ったような、70年代ソウル&ディスコのリバイバルである。

浮遊感抜群のギターカッティングに、安定感抜群のChrisのボーカルが妖艶に絡むミニマルディスコな1曲だが、どうにも多少の違和感は否めない。

これは、長くオリジナルという意味では他の追随を許さなかったColdplayが、他のアーティストの模倣に走ったのではないかという漠然とした違和感である。

 

これを単純にアイデアの枯渇とは決して思わないけれども、前作の「Ghost Stories」においても「A Sky Full Of Stars」というEDMを取り入れた楽曲があったように、かねてより時代性を強く意識した作曲を行うバンドであることは言うまでもない。

とはいえ、Nu DiscoやNeo Soulといったリバイバル感を押し出したジャンルは、Maroon 5やFitz & The Tantrumsを筆頭に、ここ数年でピークを極めた感が強い。

ポップロックの権化であり続けることは容易ではないが、どうにも二番煎じの印象は拭えず、曲は良いのにどこかで聴いたかのようなデジャヴ感をリスナーに与えてしまったのは少々残念である。

 

しかしながら、Coldplayらしい美しく耽美的な楽曲もしっかりとラインナップされており、「Everglow」「Army Of One(後半のX Marks The Spot含む)」「Amazing Day」などにおけるコード進行及び編曲の上手さは彼らの独壇場であり、本領発揮とも言える部分だ。

(「Everglow」はWiz Khalifaの「See You Again」にどことなく雰囲気が似てしまっているものの、、、「Army Of One」は本作のハイライトと言えるのではないだろうか。)

 

過去の記事でも言及したことだが、サイレントでプリミティブなロックが彼らの得意技であり、そこに叙情性を絵に描いたような荘厳なアレンジを施すのがColdplay本来の姿でもある。

そう考えると、本作はあえて叙情性を郷愁性に置き換え、ディスコ&ソウルの要素を巧みに取り入れた野心作、とも表現出来る。

R&B的アプローチで迫る「Hymn For The Weekend」や「Up&Up」などは特に象徴的。)

 

結成から18年が経ち、本作で7作目となるベテランバンドが、未だ獰猛な嗅覚で自らの音楽を探求し続けていると考えれば、これほど実験的でバラエティに富んだ作品もなかなかない。

曲順にしても、冒頭3曲の後に訪れる「Everglow」の存在感や、ディスコ&ソウルな「Adventure Of A Lifetime」でリスナーを驚かせながら、すぐに次曲「Fun」で本来のColdplayの姿を見せつけるなど、アルバム全体の構成も熟慮を重ねた痕跡があり、こちらも飽きることなく全11曲(約45分)を楽しめた。

 

聴き終わってみれば、紛れもなくColdplayの作品であり、歌詞の内容含め、すこぶる居心地が良いことに気付く。

特にギター音色の素晴らしさは特筆すべきものがあり、かつての「Life In Technicolor ii」ほど印象的ではないが、それこそオープニングからギターロック然としたColdplayの姿を再確認出来たことは何よりの収穫だろう。

(ちなみにエンディングを飾る「Up&Up」にはノエルギャラガーがゲスト参加しており、素晴らしいギターソロを披露している。)

 

こうなってくると、次はロカビリーか、はたまたケルト音楽か、いやそれともTrapかDeep Houseか。

本作のおかげで彼らの今後の音楽性がさらに楽しみになってきた。

普遍的なロックをベースに時代性を反映させていく彼らこそ、現代の名匠である。

 

  

 

A Head Full of Dreams

A Head Full of Dreams

 

 

A Head Full of Dreams

A Head Full of Dreams

 

neodeadmusic.hatenablog.com