読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEODEAD MUSIC BLOG

音楽を思考する

NEODEAD Live Mix at ageHa in BOX (2015.12.11)

DJ Mix & Works

f:id:NEOspriggans:20151216065450j:plain

NEODEAD Live Mix TRANCE RAVE at ageHa in BOX (2015.12.11)

 

Tracklist

01. Expender (Original Mix) by Vini Vici
02. Geometrix (Tempo Giusto Remix) by Ferry Tayle, Driftmoon
03. GoRiel (JOC Deconstruction) by Sied Van Riel, Giuseppe Ottaviani
04. Hypnotoad (Plasmotek Remix) by Plasmotek
05. Endless Mind (Endeavour Remix) by Brainiac, Intelligence
06. Lift Level (Original Mix) by Sun Project
07. Limp Biztek (Tokyo Rave 01 Edit) by Limpbiztek
08. Psychodelic Demons (Original Mix) by Andrew Wooden
09. L'esperanza (Jordan Suckley & James Rigby Remix) by Airscape
10. Harder?! (Plug 'n' Play Remix) by Pedlo Del Mar

 

TRANCE RAVE復活祭ということで、この日は24時20分から25時までの40分間を担当。

オープンが23時ということもあり、イベント的にはフロアを暖める時間となる。

そこで1曲目は悩んだ末にVini Viciをチョイス。

Vini ViciはPsychedelic Tranceに分類されるアーティストだが、今年のASOT Year Mixに収録されるなど、Trance界隈でも特に活躍が目立った。

加えて、この曲は私が追求しているDJのスタイル、つまりTranceとTechnoの境界線上を疾走していくような内容となっており、自己紹介代わりにもふさわしいと思った次第。

ちなみにスタート時のBPMは138。

2曲目にはTempo GiustoのRemixをセレクト。

Tempo Giustoの今年の作品はどれもクオリティが高く、今後要注目だと思う

また、1曲目ではメロディラインがほとんど登場しなかったのでここでようやくTranceらしい色がつくことになる。

その勢いで同系統的な疾走系のTech Tranceを3曲目に配置。

問題はこの後で、このままHard Tranceに突っ込むか、手早く懐かしいEpicなTranceにいくか、それともPsychedelic Tranceにシフトするか、一瞬悩む。

ひとまず、フロアをもう少し暖めたいと思い、ここはPsychedelic Tranceを選択。

Plasmotek、そしてBrainiacのProgressiveな疾走感でレイブ感を高めつつ、SUN Projectを待機。

ちなみにこの4曲目と5曲目のオリジナルなBPMは145であり、そのままかければフルオンな状況にすることも可能だったが、個人的にフロアがオラオラ系となることだけは避けたかった為、BPMは140に抑制した。

元々、Psychedelic Tranceは果てしなくピースなヴァイヴスであるべき、というのが持論なのでそれを実践してみたかった、というところ。

そしてブースから見る限り、6曲目に投下したSUN Projectのおかげでフロアはかなり暖まってきた。

この時、私が過去にリリースしたMix CD「TOKYO RAVE 01」の1曲目に収録したLimp Biztekネタをマッシュアップ的に使用することを思いつく。

もしかすると、渋谷Fura時代のお客さんにはこの「遊び」に気付いてもらえたかもしれない。

さて、SUN ProjectでPsychedelic Tranceは〆、ちょうどLimp Biztekネタで「TOKYO RAVE 01」的な雰囲気になってきたので、8曲目は疾走感抜群のHard Technoをセレクト。

お客さんも次第に増え、この時点でフロアはパンパンになっていた模様。

そこで満を持して、L'esperanzaを投入。

今回プレイしたのは最近のRemixだが、ようやくかつてのTRANCE RAVEっぽさが再現出来たのではないかと思う。

そして終曲はArminのShiversと迷いつつ、、、次のDJさんのことも考慮し、Harder?!を選択。

結果的に、昔の私らしいエンディングとなってしまったが、最後までお付き合いしてくれたフロアのお客様には、この場を借りて感謝申し上げたい。

そしてこのTRANCE RAVEが再始動することで、本来のTranceの良さが再確認されるような流れになることを、心から願いつつ、次回にまた備えたいと思う。

Thanks, Trance Ravers!

 

by NEODEAD

   

 

NEODEAD Live Mix TRANCE RAVE @ageHa (2015.12.11) by Neodead Music on Mixcloud